TOP
公益社団法人日本山岳会関西支部 本文へジャンプ
活動報告

日本山岳会関西支部の主な活動を紹介いたします。

ゆるやか山行
ゆるやか山行
白髪岳は360°素晴らしい展望のきく山です。北に譲葉山(594m)黒頭峰(620.5m)、東に弥十郎ヶ嶽715.1m、南に遠く有馬富士(374m)、西に西光寺山(712.9m)が見渡せる。山頂はすでに秋の気配が漂っています。


関西県境縦走
80周年記念県境縦走 瀬戸内海〜日本海へ日本海〜太平洋へ
塩釜神社で安全祈願してお神酒で祝って出発点真尾鼻に向かいます。真尾鼻で取水してウエストベルトを着けウバメガシの薮を安全に通過して一つ目のピークにつきました。海岸の岩場歩きに続きなかなか手強い県境縦走のスタートです。
from Sachiko Yamauchi


4000山グランプリ
4000
今回の4000山グランプリは四国です。
早朝に徳島を出発して高縄山系の南に位置する東三方ケ森を登ります。
渓流沿いに竹林登山口に向かいます。
from T.Shigehiro



藤木祭
昭和38(1963)年5 月12日、芦屋ロックガーデン入口「高座の滝」横の岩壁前で、父・九三の記念レリーフ序幕式が行われた。レリーフは、直径50pの銅板に「九三翁」の姿を浮き彫りにしたもので、日本山岳会会員で彫刻家でもある佐藤久一朗氏の製作。佐藤氏は上高地にあるウォルター・ウエストンのレリーフを製作している。