支部山行 04−13
紀伊山地の参詣道シリーズ


中辺路(滝尻王子〜熊野本宮) 

芳村嘉一郎

                        

牛馬童子
【期 日】 2004年11月13日(土)〜14日(日)
【コースタイム】
13日:滝尻王子10:05…飯盛山11:02…高原熊野神社11:45〜11:55…霧の里休憩所(昼食)12:00〜12:30…十丈王子址13:40…上多和(三体月鑑賞地)14:40〜14:55…逢坂峠 15:07…箸折峠16:00…近露王子16:20〜16:25…旅館「とちご」16:45
14日:近露王子07:00…継桜王子08:00…熊瀬川王子09:10…岩神王子(峠)10:07〜10:20…昼食11:30〜12:00…湯川王子12:05… 三越峠12:25…猪鼻王子13:30  …発心門13:45…伏拝王子14:55…祓戸王子16:11…熊野本宮16:30
【参 加】 L.森沢義信、新井浩、浦上芳啓、柏木宏信、金井健二、清瀬祐司、久保和恵、滝川敏康、戸島泰三郎、中島隆、中谷絹子、松村文子、星根文子、宗賓慶子、芳村嘉一郎
 (会員外) 8名 計23名

 「すぐれて山きびし (梁塵秘抄)」 と歌われても、聖地への憧れで多くの人々の心を捉え、歩き続けられてきた熊野古道。支部七十年記念行事の一環として、滝尻王子から本宮まで中辺路の約35キロを歩いた。

 快晴の13日、天王寺から3時間で中辺路町滝尻に着く。「初めて御山の内に入る」 と『中右記』 に記された滝尻王子は、熊野九十九王子の中でも特に社格の高い五体王子の一つである。
 熊野に向かう人々が水垢離を取り身を清めたという富田川の清流の畔から、急坂が始まり山中に入る。藤原秀衡ゆかりの乳岩や胎内くぐりを過ぎ、飯盛山に登ると行く手に悪四郎山が大きく見えた。人里に出て、クスやスギの大木が鬱蒼と茂る高原熊野神社で 「語り部」 さんの説明を聞いたあと、高原霧の里でのどかな景色を見ながら昼食を摂った。
 午後は旧旅籠道を通り抜け、美しく苔むした石畳を登る。大門王子、十丈王子を過ぎ、悪四郎山は山腹を捲いていく。更につづら折れの急坂を登ると今日の最高地点・上多和茶屋跡に来る。ここには旧暦11月23日深夜に三つの月が見えるという 「三体月伝説」 が残る。新逢坂トンネルの上を通って、牛馬童子像と宝塔のある箸折峠に登る。花山法王の熊野詣旅姿を写したといわれる牛馬童子像は思ったより小さく可愛いものだった。緩く下っていくと、今宵の宿が待つ近露の里が、あかあかと夕陽に照らされて見えた。

 14日。二日目は曇り空。急いで宿を立ち、しばらく舗装道を登った後、古道に入って継桜王子に着く。付近には一方杉や野中の清水など、すばらしい自然が残されている。小広峠からはいよいよ急な山道になる。わらじ峠、女坂、男坂と過ぎて石畳道の急登で岩神峠へ。ここには岩神王子址があり、江戸時代までは茅葺きの祠があったそうだ。昼食後、湯川王子からまた急な登りになる。三越峠から急な石段を船玉神社に下ると、湯の峰経由で本宮に向かう赤木越の道が分岐している。
 猪鼻王子を見て林道を登り切ると発心門王子で、ここからは熊野大社の聖域になる。しばらく広い道を行き、美味しい水が湧いている水呑王子から、のどかな山村風景の中を行く。伏拝王子には 「月の障り」 を嘆いた歌を詠んだ和泉式部が熊野権現に歌で許されたという伝説がある。式部ならずとも、古の旅人はいよいよ近づいた本宮に心をときめかせたことだろう。茶畑越しに美しい百前森山 (三里富士)や石地力山の鋭鋒が見える。
 三軒茶屋跡には 「右かうや十七里、左きみい寺三十一里」 の石標がある。小辺路と中辺路の交わるところである。ここから最後の山道になる。途中で少し寄り道して、展望台に登ってみる。深い谷間の向こうに大雲取、小雲取の山並みが何重にも連なっていた。見下ろす熊野川の河原には大齊原 (本宮大社旧社地)の大鳥居が見える。長いコースを歩き通した満足感に浸りながら、夕闇せまる道を本宮へ下る。

 15日。早朝から激しい雨になり、予定していた赤木越は中止。迎えのバスで熊野路を後にする。山頂に立つ悦びこそなかったが、思ったよりも瞼しい山道のアップダウンもあり、豊かな自然と古い歴史や伝説に触れることができて、実りの多い山旅だった。